アーバンアウトフィッターズ(UrbanOutfitters)

a-bann

「アーバンアウトフィッターズ(UrbanOutfitters)」は1970年にリチャード・ヘインがアメリカのペンシルバニア州のフィラデルフィアで「The Free People’s Store」と言う名でオープン。1970年に今の「アーバンアウトフィッターズ(UrbanOutfitters)」に改名し急成長を遂げてきました。

アートや音楽などに興味を持つ知的で都会的なヤングアダルトに向けたファッションを展開して、流行に敏感な若者たちから絶大な支持を得ています。

衣服のほかにも家具、雑貨、書籍など幅広く展開しトータルコーディネイトを提案しています。アメリカ、カナダ、ヨーロッパを中心に店舗展開し、現在では140店舗以上を運営。1店舗ずつ異なる店作りをして生活感のあるディスプレイにファッションを取り入れ各地で人気に火がついています。

店舗では自社ブランド以外にもリーバイスなどのブランドを扱っており日本でいうセレクトショップに近い。姉妹ブランドのフリーピープルは2013年に日本に初上陸していますが「アーバンアウトフィッターズ(UrbanOutfitters)」はほとんどがアジア未上陸。

そののアイテムはレトロ、ビンテージ、ボヘミアンをキーワードに女性アパレルを中心に展開。ヒッピーカルチャーやヴィンテージテイストの、一風かわったカジュアル路線で個性的で味わいとぬくもりを感じさせるアイテムが多くセレブたちを中心に、オシャレに敏感な女性たちの間で注目を集めています。もちろんアメリカらしいスタイリッシュなデザインなアイテムも豊富です。価格もリーズナブルでその着心地の良さから20~30代の女性から圧倒的な支持を得ています。

日本に店舗がなく入手困難な「アーバンアウトフィッターズ(UrbanOutfitters)」のアイテムをこの機会に是非、手に入れてみては。