ルビアム1911(L.B.M.1911)

ronha-mann

「ルビアム1911(L.B.M.1911)」は、1911年にイタリアの北部で創業した老舗紳士服メーカー「ルビアム社」が2006年に新しく発表したカジュアルブランド。数々の栄誉ある賞を受賞した伝統や技術力を背景に生産される「ルビアム1911(L.B.M.1911)」はモダン&カジュアルながらもハイクオリティ、エレガンスを代表するブランドとなっています。
100年もの間、最高品質のアイテムを生産し続け現在では名だたるブランドの生産も手がけ、その技術力から製品染めを施したジャケットはラインナップも豊富で世界中で高い評価を得ています。「ルビアム1911(L.B.M.1911)」の会社理念には、品質の調和と着心地の良さ、そしてサービスおよび製品の向上とファッションデザインへの飽くなき追求を掲げています。常に最新の趣向やニーズを取り入れ時代とともに進化していくスタイルは創設者であるルイジ・ビアンキから続く伝統で100年にも渡り受け継がれ、会社理念を元に原材料の品質や各工程を厳しくチェックしモダン&ラグジュアリーを求める若者に高い支持を得ています。
「ルビアム1911(L.B.M.1911)」アンコンジャケットを得意とし、製品洗いなど現在のトレンドをジャストタイミングで提供しモダンなコレクションでありながらも「ルビアム1911(L.B.M.1911)」らしさを忘れずカジュアルにも合う最高品質の衣服を提供し続けています。