ボリオリ(BOGLIOLI)

boriori

「ボリオリ(BOGLIOLI)」は1890年に職人であるピエロ・ボリオリ氏がイタリアで創業したブランドで、コンセプトとして「クラシック&モダン」を掲げ、伝統的なサルトリアーレ(仕立て)の手法を継承し、 常に革新的な技術と時代を反映させた新しい発想で進化し続けているブランド。
「ボリオリ(BOGLIOLI)」が創業されてから100年もの間に、様々なスーツやジャケットを生み出してきました。たとえば「ドーヴァー」は、ボリオリの名前をとても有名にしたと言えるソフトジャケットで、肩にパットを入れず、着心地を柔らかくして丸みを帯びたフォルムを採用。ブレザー感覚で自由に着回しの利くボリオリ・スタイルを端的に表現したモデルになっている。「Kジャケット」は、高級素材カシミヤのジャケットにコートと同様の洗い加工(ガーメントダイ)を施すという大胆な手法で、いまやこのブランドの基本となったモデル。「ボリオリ(BOGLIOLI)」が飛躍的な人気を博したのは「コート」というモデルです。コットン地の薄いジャケットを、製品染め加工で、まるで着古したかのような独特な風合いに仕上げたのです。
このように「ボリオリ(BOGLIOLI)」は数多くの名品を生み出し続けニューモデルの開発に力をいれ、常に時代の先を見据えているブランドと言えます。「ボリオリ(BOGLIOLI)」は最上級のジャケットで世界中の目利きを唸らせ、こだわりのスタイルを持つ男性たちに愛されているブランドです。