プラダ(PRADA)

purada

イタリアを代表するファッションブランド「プラダ(PRADA)」。洗練されたライン、上質な素材が魅力であり、幅広い層から支持されている。イタリア・ミラノに本社がありファッションを中心にブランド展開している。

素材選びにこだわり世界中から選び抜いた素材を用いて、徹底したミニマリズムから、スポーツ、カジュアルまで最新鋭の技術を擁し商品展開をすることで現在の地位を確立した。中でも創立者のマリオ・プラダの孫に当たるミウッチャ・プラダが開発したと言われるナイロン素材を用いたバッグは当時ものすごい反響を与え話題となり今でも良く目にする三角プレートに「プラダ(PRADA)」のロゴが入ったナイロン素材のバッグが日本やアメリカで人気になりました。

歴史的な生い立ちは1913年、マリオ・プラダが兄弟と共に、イタリア・ミラノに皮革製品のショップ「Fratelli Prada(プラダ兄弟)」を開いたことが始まりとされており、当時から素材選びにこだわり世界中から珍しい素材や質の高い皮を集めて製品を作っていた。その素材から職人たちの高い技術を持って作られたアイテムは、富裕層から注目を浴び、それが当時のイタリア王室の目に止まり王室御用達のブランドとなる。

1958年マリオ亡き後、娘のルイーザ・プラダが「プラダ(PRADA)」の店を継ぐ。伝統的に革製品を扱って行くが時代の流れが合わなくなり低迷期に入ります。

1978年にマリオの孫娘であるミウッチャ・プラダが「プラダ(PRADA)」のオーナー兼デザイナーに就任し「プラダ(PRADA)」の伝統であった革製品に拘らず元々、祖父のマリオが使っていた旅行用カバンのナイロン素材を自社の商品に用いる事で再び人気を集めた。
1985年からアパレル展開をし始め、靴、婦人服、紳士服などのコレクションを始めていき1993年には姉妹ブランド「ミュウミュウ」を設立。このブランド名はミウッチャ・プラダの幼少時代からのニックネームが語源と言われている。

現在では時代のニーズに応え、次々に魅力的なアイテムを発表し世界中から注目される人気ファッションブランドとして成長を遂げ日本にも多くの店を構えるまでに成長を遂げた。携帯電話のデザインや世界各国の伝統工芸品を素材として起用した「メイド・イン・~」シリーズなど、今もなお新しい商品展開の幅を広げています。

そんな「プラダ(PRADA)」ですが、人気が高まり価値が付くことで多くの偽物が出回る様になりました。Symm.Symmでは全て正規販売店から買い付けを行っているので全ての商品を自信を持ってお届けいたしております。